配信向けオーディオインターフェイス おすすめランキングベスト10。選び方や注意点を細かく解説

ライブ配信している部屋

ぎたすけ

なんか配信だとオーディオインターフェイスより、USBマイクのほうが人気な気がするよな

たけしゃん

そのへんが大事なポイントなんだよね。記事内でも詳しく説明していくね

本記事では配信に適したオーディオインターフェイスを解説していきます。

歌ってみたやDTM向けの製品を解説した記事は下記を参照ください。

この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、nana公認クリエイター、IPC VOICE STUDIO公認ボイストレーナーです。
プロフィール詳細お問い合わせ

配信用オーディオインターフェイスの選び方

YAMAHA AG03MK2で録音しているところ

ライブ配信はiPhoneの内蔵マイクでもやれますが、オーディオインターフェイスがあると以下のようなメリットがあります。

  • 高音質なマイクが使える
  • 手元で音量を調整できる
  • 配信で便利な機能が使える

特に高音質なマイクを使うことで、スマホのマイクよりも格段に聴きやすい配信にできます。

audio technica AT2035
コンデンサーマイク audio technica AT2035

また、オーディオインターフェイスの機能を使うことで配信にBGMや効果音を流すこともできます。

本章では配信にオーディオインターフェイスを導入するメリット、主だった使える機能について解説していきます。

USBマイクとの違い

SENNHEISER Profile USB Microphone マイク角度を上にして右斜めから撮影

配信で便利なのが、USBでPCと接続できるUSBマイクです。

オーディオインターフェイスよりも安価で手軽に導入できます。

このUSBマイクはマイクとオーディオインターフェイスが一体化した製品です。

audio technica AT2020USB-XP AT8455でマイクアームに取り付けた側面

USBマイクは省スペースで設置でき、音質的にも優れています。

さらに最近のUSBマイクはノイズ除去やエフェクトなど、多機能な製品も増えました。

そのため、多くの配信者はUSBマイクを使用しています。

audio technica AT2040USBにAT8458aを取付けた。斜め下から撮影

一方でオーディオインターフェイスを導入する配信者も多いです。

USBマイクと比べて、オーディオインターフェイスを選択すると以下のようなメリットがあります。

  • USBマイクより音が良い製品を選べる
  • 機材の拡張性が高い
  • 機能が豊富
  • 手元で音量がいじりやすい

まず、USBマイクに比べて、オーディオインターフェイスのほうが価格幅が広いです。

USBマイクは高くて3万円くらいですが、オーディオインターフェイスは数十万円するものもたくさんあります。

RME Babyface Pro FS

それだけ、良いパーツを使っており、音が良くなります。

また、USBマイクと違い、接続する端子がたくさんあるため、機材を後から追加できます。

Babyface Pro FSの入出力端子

そのため、複数人での配信などもすぐに対応できます。

更に歌ってみた・弾いてみたなどをやる場合もオーディオインターフェイスなら、そのまま使い回せます。

AUDIENT EVO4 駆動しているところ。Macbookとセットで撮影

USBマイクだと歌ってみたや弾いてみたは厳しいので、音楽系の活動をされる方はオーディオインターフェイスが断然おすすめです。

そして、USBマイクと違って、マイクとオーディオインターフェイスが分かれる分、配信中の操作が楽です。

YAMAHA AG03MK2 ブラック

USBマイクだと一体化しているため、配信中に音量などいじるとガサガサと音が入ります。

対して、オーディオインターフェイスなら手元に置いておけば、いつでもサッといじれます。

まとめると、シンプルな配信をやる方はUSBマイクがおすすめです。

逆に凝った配信をやる方、音楽系の活動もされる方はオーディオインターフェイスがおすすめですね。

入力端子

オーディオインターフェイスの入力端子の種類
XLR主にマイクを繋ぐ端子
LINE ギターなど楽器を繋ぐ端子
コンボジャックXLR・LINE両対応の端子

オーディオインターフェイスは主に上記3種類の入力端子がついています。

複数本マイクを使う人は必要分のXLR・コンボジャックが搭載されている機種を選びましょう。

ZOOM AMS-44
AMS-44 コンボジャックが4基搭載されている

また、ヘッドセット端子やAUXが必要な方は対応している製品を選びましょう。

YAMAHA AG03MK2 ブラックの下部
YAMAHA AG03mk2

ただ、ヘッドセット端子やAUXがあるオーディオインターフェイスはかなり少ないです。

必要な方はYAMAHA AG03MK2を選択しましょう。

ループバック

ループバック機能の説明図解

ループバックはPCの再生音を配信に流すために使われる機能です。

主にはBGMを配信で流すために使われています。

PCで再生したBGMを配信に流すのは簡単なようで、OS標準機能では実現できないことが多いです。

通常のルーティングでは配信にBGMを載せられない

その問題を手軽に解決できる機能がループバックなわけです。

ループバック機能があると、簡単に配信でBGMを流すことができます。

iOSのdspmix画面
Steinberg UR-Cシリーズの専用アプリ

一方でゲーム実況だと、OBS STUDIOに同等の機能があるのでループバックはあまり必要なかったりします。

OBS STUDIO
ゲーム実況で便利なOBS STUDIO

ループバックは雑談や弾き語り配信で使われることが多いですね。

また、スマホ配信で色々と活躍しますが、その説明は長くなるので下記記事を参照ください。

DSPエフェクト

iOSのdspmix画面

DSPエフェクトとはオーディオインターフェイス単体で使えるエフェクトのことです。

オーディオインターフェイス内蔵のDSPチップで音声処理するため、PCに負担がかかりません。

補足

PC側でエフェクトをかけると、処理が追い付かずに配信の音が遅延することが多い

専用アプリで細かく調整できる機種も一部存在し、EQやリバーブなどを簡単にかけられます。

YAMAHA AG Controller Detail
YAMAHA AG Controller

カラオケ配信などの歌枠だと、リバーブが欲しいのでDSPエフェクトは重宝しますね。

OBSを使ってPC側でリバーブをかけることも可能ですが、音が大分遅延します。

そのため、歌系の配信をやる方はDSPエフェクトが使える製品をおすすめします。

audio technica AT-UMX3のバナー(PC)PR

配信向けオーディオインターフェイス ベスト10

AUDIENT iD4mkII 斜めから撮影

それでは、配信向けのオーディオインターフェイスをランキング形式で紹介していきます。

基準としては「1人で歌枠・ゲーム配信をやる方向け」で選出しました。

先に結論を言うと配信を最優先する場合はAG03mk2を選択するのが安定です。

一方でAG03mk2は歌ってみたやDTMだとやや弱いです。

そのため、歌ってみた・DTMと兼用する方は他の製品も検討しましょう。このあたりも記事内で解説しています。

なお、別の記事で配信向けのマイクも解説しているので、合わせて参考にしてください。

それでは、ランキングの解説をしていきます。

10位 Steinberg UR12

Steinberg UR12
配信
弱い
強い
歌ってみた
弱い
強い
DTM
弱い
強い

項目機能・スペック

アナログ入力
XLR ×1
LINE ×1
サンプリングレート192kHz/24bit
接続端子USB 2.0
ループバック
DSPエフェクト×
対応OSWin、Mac、iOS
付属DAWCubase AI
Cubasis LE

サンプルボーカル

Steinberg URシリーズのエントリーモデル UR12

入出力端子や機能を絞って価格を抑えたオーディオインターフェイスです。

一方でXLR端子で使われているマイクプリアンプはYAMAHA D-PREなので上位モデルと同じです。

Steinberg UR12 前面左

そのため、音質も中々に良好でライブ配信だけでなく、DTMでも使えるレベルになってます。

また、ループバックにも対応しており、ソフトウェア上でON/OFF可能です。

UR12のループバック設定
PCからのみON/OFF切替可能

1万円近辺の製品だとループバック対応機種は少ないため、UR12は貴重ですね。

できるだけ低予算でループバック対応機種を探している方にはおすすめです。

Steinberg(スタインバーグ)
¥24,060 (2024/06/20 12:37:36時点 Amazon調べ-詳細)

9位 Apogee Duet 3

Apogee Duet 3
配信
弱い
強い
歌ってみた
弱い
強い
DTM
弱い
強い
項目機能・スペック

アナログ入力
コンボジャック ×2
1/4″ インストゥルメント×2
接続端子USB-C
対応OSWindows
Mac
iOS
ループバック
DSPエフェクト

昔からプロアマ問わずに人気が高いAPOGEE Duetシリーズ3代目 Duet 3です。

コンパクトのボディで非常に高音質。入出力端子も豊富な機種です。

Apogee Duet 3 ノブの下にLEDライトがある

輪郭のあるクッキリした音で配信はもちろん、本格的な音楽制作でも活躍します。

Duet 3で録音した動画がこちら。

Bedroom Talk / Official髭男dism 【アコースティックCover】

プロユースの製品ですが、ループバックやDSPエフェクトも搭載しており、配信での使い勝手もよいです。

ループバックやエフェクトはPC、iOSで使える専用アプリで調整できます。

apogee control2
apogee control2 DSPエフェクトの画面

使い方の理解に少し時間はかかりますが、慣れると自由度も高いので使いやすいです。

ただし、DSPエフェクトにリバーブはありません。

配信でリバーブを使いたい方は他の製品のほうが楽にかけられます。

Duet 3は配信というよりは高度な音楽制作向けの高級機です。

Apogee Duet 3 インジケーターが上がっている状態

そのため、配信に加えて、歌ってみたやDTMもガッツリやる人のほうが適していますね。

8位 MOTU UltraLite mk5

MOTU UltraLite mk5
配信
弱い
強い
歌ってみた
弱い
強い
DTM
弱い
強い
入力端子コンボジャック×2
1/4 “TRSライン入力×6
S/PDIF
OPTICAL
出力端子1/4 “TRSライン出力×10
ヘッドホン端子 ×1
S/PDIF
OPTICAL
サンプルレート192kHz
ループバック
DSPエフェクト
接続端子 USB-C(2.0)
対応OSWin,Mac,iOS
重量1.31kg

プロユースで昔から人気メーカーであるMOTUのUltraLite mk5

10万円でハーフラックサイズとプロ向けの仕様の製品ですが、配信でも非常に使いやすいです。

MOTU UltraLite mk5 使っているところ

硬めで輪郭のあるクリアな音で非常に高音質です。

UltraLite mk5で録音した動画がこちら。

メトロ・フィルム / 秦基博 【アコースティックCover】

このシリーズはプロミュージシャンの使用者も多いので、音質に関しては言うことはありませんね。

UltraLite mk5はDACが良質で再生音も非常に良いです。

MOTU UltraLite mk5 斜め上

モニターで自身の演奏を聞いていても、すごく心地よいですね。

また、専用アプリのCueMix 5を使うことで自由にルーティングをコントロールできます。

MOTU UltraLite mk5の専用アプリ CueMix 5

CueMix 5ではループバックさせる音を個別に選択でき、音量も個別調整できます。

そのため、配信でのサウンド調整の自由度が非常に高いです。

CueMix 5の出力ミキサー画面

DSPエフェクトも搭載しており、効きも良好なので使い勝手が良いですね。

CueMix 5のEQ設定画面
CueMix 5のリバーブ設定画面

しかも専用アプリはiOSに対応しているため、iPhoneからの配信でも使えます。

iOS版CueMix 5

さすがに配信専用で使うには豪華すぎる製品ですが、配信での使い勝手もトップレベルに良いです。

7位 Universal Audio Volt 176

Universal Audio Volt 176
配信
弱い
強い
歌ってみた
弱い
強い
DTM
弱い
強い
入力端子コンボジャック
出力端子1/4 “ライン出力×2
ヘッドホン端子 ×1
サンプルレート192kHz / 24bit
ループバック×
内蔵エフェクトコンプレッサー
ビンテージマイクプリ
接続端子 USB-C
付属DAWAbleton Live Lite
対応OSWin,Mac,iOS

プロユースのオーディオメーカーとして有名なUniversal AudioのVolt 176です。

Universal Audioは高級機が多いですが、2022年から低価格帯のVoltシリーズを販売しています。

マイクプリの音質は素直でクリアな音になっています。

ボーカル、アコギを録った動画がこちら。

やわらかい気配 / 秦基博 【アコースティックCover】

アコースティックサウンドで使いやすい感じですね。

ナチュラルなテイストなので配信でも使いやすいです。

加えて、ビンテージマイクプリアンプモードとアナログコンプレッサーを搭載しています。

Universal Audio Volt 176を上から撮った
機能概要
ビンテージマイク
プリアンプモード
アナログチューブプリアンプの
サウンド特性を付加
76コンプレッサーボリュームピークをコントロール
サウンドにパンチと明瞭さを付加

このコンプレッサーがかなり良い出来で、ノブを回すだけで良い感じにかかります。

コンプレッサーが効いていると、音量が均一化されるので配信も非常に聴きやすくなるんですよね。

Universal Audio Volt 176

DSPで使えるコンプレッサーで、このレベルのものはなかなかないと思います。

カラオケなどの歌枠をやる方にはかなり重宝する機能ですね。

一方でループバックには対応していないため、OBS STUDIOなどで機能を補う必要はあります。

OBS STUDIO

なので、基本的には歌枠をやる方向けという感じです。

雑談配信などで使うなら、ループバックに対応した機種を選択したほうが良いです。

6位 RME Babyface Pro FS

RME Babyface pro fs
配信
弱い
強い
歌ってみた
弱い
強い
DTM
弱い
強い
項目機能・スペック

アナログ入力
コンボジャック ×2
LINE ×2
サンプリングレート192kHz/24bit
接続端子USB 2.0
ループバック
DSPエフェクト
対応OSWindows
Mac
iOS
付属DAWなし

プロユースのオーディオインターフェイスでは定番のRME Babyface Pro FSです。

小型のボディで入出力も少ないですが、音質は素晴らしく多数のプロアーティストが使っています

RME Babyface pro fs ケースに収納されている状態

僕もメインで使っている製品ですが、音質は入力・出力ともに素晴らしいです。

Babyface Pro FSで録った動画はこちら。

ベテルギウス / 優里 【アコースティックCover】

エントリーモデルと比べて音が格段にクリアですね。

ちなみに再生音もハイクオリティなので、オーディオマニアで所有している人も多いです。

RME Babyface Pro FS

Babyface Pro FSは専用アプリ「RME TotalMix FX」が用意されており、ルーティングを自由に変えられます。

RME Totalmix FX

このアプリが非常に便利で配信に出す音を自由自在に調整できます。

DSPエフェクトもEQ、リバーブ、エコーが用意されています。

ただ、プロユースなこともあり、本体もアプリも使い方がやや難しいです。

価格も13~14万円程度するので、音楽制作を本気でやりつつ、配信もやる方向けという位置づけですね。

5位 AUDIENT iD4mkII

AUDIENT iD4mkII 左斜め
配信
弱い
強い
歌ってみた
弱い
強い
DTM
弱い
強い
入力端子コンボジャック×1
1/4 “ライン入力×1
出力端子1/4 “ライン出力×2
ヘッドホン端子 ×2
サンプルレート96kHz / 24bit
接続端子 USB-C
ループバック
DSPエフェクト×
対応OSWindows、Mac、iOS

サンプルボイス

音質に定評があるAUDIENTの人気オーディオインターフェイスiD4mkIIです。

3.2万円程度とは思えない高音質に加え、機能面も充実した非常に良くできた製品です。

AUDIENT iD4mkII 駆動しているところ。左斜め

マイクプリの質が良く、GAINをかなり上げてもクリーンで雑味のない音をキープできます。

再生音も非常にキレイで聴きやすいです。

AUDIENT iD4mkII 駆動しているとこ。左斜め上から撮影

音の解像度が高いため、モニターでもリスニング用途でも使い勝手が良いです。

配信においてはループバックに対応しており、専用ソフトで細かく調整できるようになっています。

AUDIENT iD4 mkIIのループバックミキサー

ループバックに送る音を個別に音量調整できるので、歌枠などはやりやすいです。

また、本体のノブなども感覚的に操作しやすいので、手元での調整が楽な点も良いですね。

AUDIENT iD4mkII 駆動しているところ。上面

一方でDSPエフェクトはないため、リバーブなどかけたい方は他の製品を選択しましょう。

iD4mkIIは基本的にDTMなど制作向けの製品ですが、配信での使い勝手もなかなか良いですね。

4位 ZOOM AMS-24

ZOOM AMS-24
配信
弱い
強い
歌ってみた
弱い
強い
DTM
弱い
強い
入力端子コンボジャック×2
出力端子1/4 “ライン出力×2
ステレオ 3.5mm出力 ×2
サンプルレート96kHz / 24bit
接続端子USB-C
ループバック
DSPエフェクト×
対応OSWin,Mac,iOS,Android

2022年6月に発売されたコンパクトなボディに豊富な機能が魅力のZOOM AMS-24です。

手のひらサイズにコンボジャック2基搭載、配信向けの機能も付いています。

ZOOM AMS-24を手のひらに載せた

音質もなかなか良く、普通に制作でも使えるレベルです。

AMS-24で録音した動画がこちら。

ありふれた言葉 / ROCKING TIME 【アコースティックCover】

マイクプリのゲインレンジも58dBあるので、普通のマイクなら音量不足になる心配もありません。

また、AMS-24はループバックにも対応しており、本体スイッチで切替できます。

ZOOM AMS-24の右側面

そして、MUSICモードとSTREAMINGモードの2つのモードが用意されており、こちらも本体スイッチで切替できます。

ZOOM AMS-24のモード切替

MUSICモードは主に音楽制作向け、STREAMINGモードは主に配信向けです。

STREAMINGモードにすると、INPUT1と2がステレオミックスされて入力されるようになります。

ZOOM AMS-24のSTREAMINGモード
取扱説明書より引用

主にはiOSで配信する際や複数楽器を繋げて配信する際に便利な機能ですね。

コンパクトなので携帯しやすく、色んなところで配信する方にはとても便利なアイテムです。

なお、コンボジャックが4基に増えたAMS-44もあります。

ZOOM AMS-44

AMS-44はバンドやユニットなどの配信で重宝しますね。

3位 AUDIENT evo4

AUDIENT EVO4 上
配信
弱い
強い
歌ってみた
弱い
強い
DTM
弱い
強い
入力端子コンボジャック×2
1/4 “ライン入力×1
出力端子1/4 “ライン出力×2
ヘッドホン端子 ×1
※同時出力できません
サンプルレート96kHz / 24bit
接続端子 USB-C
ループバック
DSPエフェクト×
対応OSWindows 7以降
macOS 10.7.5 (Lion)以降
iOS

サンプルボーカル

音質に定評がある1997年設立のイングランドのオーディオメーカーAUDIENTのevo 4です。

実売価格2.1万円程度で、音質・機能・ルックスのどれもが優れた製品ですね。

AUDIENT EVO4を左斜めから撮影

コンパクトなボディにコンボジャックを2基搭載しており、マイクを2本同時に使えます。

AUDIENT EVO4 背面

マイクプリの音質もよいですが、再生音がクリアでレンジも広く、この価格帯にしてはかなり良いですね

また、音量を自動調整するスマートゲインやループバックなどにも対応しており、機能性も優れています。

AUDIENT EVO4 駆動しているところを上から撮影

配信に関してはループバックに対応しており、専用ソフトで細かく調整できるようになっています。

AUDIENT EVO4 Loop-back Mixer。開いた状態

DSPエフェクトはないため、リバーブなどをかけたい方はUR22CAG03MK2をおすすめします。

コンパクトなこともあり、本体操作がやや複雑ですが、製品の完成度は非常に高いですね。

AUDIENT EVO4 駆動しているところ。Macbookとセットで撮影

ルックスも良いため、ガジェットが好きな方にも合いそうです。

2位 Steinberg UR22C

Steinberg UR22C
配信
弱い
強い
歌ってみた
弱い
強い
DTM
弱い
強い
項目機能・スペック

アナログ入力
コンボジャック ×2
サンプリングレート192kHz/32bit
接続端子USB 3.0
ループバック
内蔵エフェクト
対応OSWin、Mac、iOS
付属DAWCubase AI
Cubasis LE

サンプルボーカル

低価格帯オーディオインターフェイスのベストセラーSteinberg UR22Cです。

2019年発売の機種でUSB 3.0対応に加えて、専用アプリで操作可能な内蔵エフェクトも搭載された素晴らしい機種です。

Steinberg UR22C

マイクプリアンプにはYAMAHAのD-PREを採用しており、音質もなかなかよいです。

UR22Cで録った動画がこちら。

結 / Saucy Dog アコースティック Cover

配信だけでなく、歌ってみたやDTMでも十分使っていけるレベルですね。

UR22Cはループバックに加えて、DSPエフェクトも搭載しています。

エフェクトはEQ、コンプレッサー、リバーブなどがあり、専用アプリで細かく調整できます。

UR22Cのコンプレッサー設定

専用アプリはWindows、Mac、iOSで使用可能で造りも良いです。

UR22CのDSPミキサー画面

特にiPhoneで使える専用アプリがあるメーカーは非常に少ないので、iPhoneで使う人にはとてもおすすめです。

筆者的にはDTMと配信の総合点で評価するとUR22CがNo.1だと感じています。

Steinberg UR22C

配信のみやる方はAG03MK2をおすすめしますが、歌ってみた・DTMなどもやる方はUR22Cがおすすめです。

ちなみにUR22CはUSB3.0ならUSBバスパワーで駆動しますが、USB2.0で接続する場合は別途電源供給が必要です。

USB2.0のPCとUR22Cを接続する方法
USB2.0での接続方法

USB2.0のPCで使用する方は電源供給用のUSBケーブルなどが別途必要なので注意しましょう。

1位 YAMAHA AG03mk2

YAMAHA AG03MK2 ブラック
配信
弱い
強い
歌ってみた
弱い
強い
DTM
弱い
強い
項目機能・スペック

アナログ入力
コンボジャック ×1
LINE ×1
AUX ×1
サンプリングレート192kHz/24bit
接続端子USB-C
4極ミニ入出力
ループバック
内蔵エフェクト
対応OSWin,Mac,iOS,Android
※Androidは4極ミニ接続
付属DAWCubase AI
Cubasis LE

配信向けオーディオインターフェイスのベストセラー YAMAHA AG03MK2

豊富な入力端子に加えて、ループバックやDSPエフェクト内蔵で非常に多機能です。

YAMAHA AG03MK2 ブラックの下部

音質もクリアで配信や歌ってみたなどにも使えるレベルです。

AG03MK2とコンデンサーマイク YCM01で録った動画がこちら。

二人話 / Vaundy 【アコースティックCover】

製品仕様的にも歌ってみた・DTM用途ではUR22Cのほうが良いですが、AG03mk2も普通に使えるレベルです。

AG03MK2は本体の造りがライブ配信に特化しています。

通常のオーディオインターフェイスにはない、ヘッドセットやAUX端子が用意されています。

YAMAHA AG03MK2 ブラックの下部

なお、AUXは4極入出力に対応しているため、Androidでも利用することができます。

補足

AndroidはUSB接続だと動作しないが、4極入出力で接続すれば使える

そして、本体スイッチでループバックやDSPエフェクトをON/OFFできるのも良いです。

ワンオペ配信だとアプリを触っている余裕がないので、本体操作で完結できるのは助かります。

エフェクトの細かい設定などはWin・Mac・iOSで使える専用アプリで調整可能です。

YAMAHA AG Controller Detail
AG Contllorer

エフェクトの調整も初心者向けにプリセットが用意されており、簡単に設定できます。

YAMAHA AG Controller
Simpleモード

配信中心で使うなら、AG03MK2が間違いない選択肢ですね。

なお、マイクを2本同時に使いたい方はAG06mk2を選択しましょう。

YAMAHA AG06MK2
AG06mk2
YAMAHA AG03MK2とAG06MK2
AG03mk2とAG06mk2

個人的には歌ってみたをやる方はUR22C、やらない方はAG03mk2という選び方をするのがおすすめです。

配信向けオーディオインターフェイス まとめ

順位1位2位3位4位5位6位7位8位9位10位
製品YAMAHA AG03MK2 ブラック
AG03mk2
UR22Cの正面から撮った写真
UR22C
AUDIENT EVO4 上
evo 4
ZOOM AMS-24
AMS-24
AUDIENT iD4mkII 左斜め
iD4mkII
RME Babyface pro fs
Babyface Pro FS
Universal Audio Volt 176の前面
Volt 176
MOTU UltraLite mk5
UltraLite mk5
Apogee Duet 3
Duet 3
Steinberg UR12
UR12
メーカーYAMAHASteinbergAUDIENTZOOMAUDIENTRMEUniversal AudioMOTUApogeeSteinberg
入力コンボジャック×1
LINE×1
コンボジャック×2コンボジャック×2
LINE×1
コンボジャック×2コンボジャック×1
LINE×1
XLR×2
LINE×2
コンボジャック ×1コンボジャック×2
LINE×6
コンボジャック ×2
LINE×2
XLR ×1
LINE ×1
ビットレート192kHz/24bit192kHz/32bit96kHz/24bit96kHz/24bit96kHz/24bit192kHz / 24bit192kHz/24bit192kHz192kHz/24bi192kHz/24bit
ループバック×
エフェクト×××
(コンプレッサーのみ)

(リバーブなし)
×
コメント配信なら最強
機能も豊富
DTM・配信ともに
万能な人気機種
コンパクトでおしゃれ
音質も良好
超コンパクト
音質もなかなか良い
音質が素晴らしく
配信でも使いやすい
プロ使用者も多い
配信でも使いやすい
アナログコンプが◎
Melodyne付属で高音質
プロレベルの音質
配信での使い勝手も良い
コンパクトでおしゃれ
音質もプロレベル
予算1万円で買える
優等生
実売価格約18,700円約19,700円約20,900円約14,900円約32,670円約130,000円約33,880円約104,500円約99,000円約11,000円
ECサイトAmazon
楽天市場
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
イケベ楽器
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
イケベ楽器
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
サウンドハウス

配信向けのオーディオインターフェイスについての解説でした。

ここ数年で高級機も配信向けの機能を搭載したので、高級機1台でDTMと配信をこなせるようにもなりましたね。

配信だけならAG03MK2がおすすめですが、制作もやる人はUltraLite mk5などの高級機を買うのも有効です。

MOTU UltraLite mk5
MOTU UltraLite mk5

逆に制作と配信で使う機材を分けるのも有効ですね。

色んな選択肢が考えられるので、本記事を参考に検討してみてください。

関連記事

AUDIENT EVO4 駆動しているところ。Macbookとセットで撮影オーディオインターフェイス おすすめランキング ベスト10【2024年】DTM、歌ってみたに適した機種を徹底解説 MOTU M2をiPhoneで使っているところ【2024年】iPhone向け オーディオインターフェイスおすすめランキングベスト10。選び方や注意点をiOSで配信している筆者が徹底解説 PreSonus AUDIO BOX GO 駆動中。側面安いオーディオインターフェイス おすすめランキング ベスト10。高コスパで失敗しない選び方も解説 DTMをやっているデスク弾き語り配信に必要な機材の選び方とおすすめ製品を解説 YAMAHA AG03MK2で録音しているところオーディオインターフェイスの使い方。基本操作からDAW・配信での初期設定まで具体的に解説 コンデンサーマイクを10本並べた画像コンデンサーマイク おすすめランキングベスト10【2024年版】 〜プロアーティスト使用マイクも紹介〜